WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて

ベトナム駐在中 ~WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて~

やりたいことたくさん、やらなきゃならないことたくさん

【発音が全く出来ない】ベトナム語のマンツーマンレッスンから

さがみさがなかです。

前々回のブログで、お話ししました、ベトナム人社員の喧嘩について、

イエローカードを両者に渡した後、減俸も言い渡しました。

とりあえず、辞めずに続けるようです。

どちらも30代で子供二人いる立場、次は喧嘩など無いことを切に願いたいですね。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

sagamisaganaka.hatenablog.jp

 

さて、以前のブログにてベトナム語を習うと決めてから、2週間以上。

ベトナム語のマンツーマンレッスンに5回行ってきました。

 

 

初回レッスンは、2週間前の金曜日。

 

20代の女の先生、英語の発音がとってもきれいです!!

 

ベトナム人の英語の発音の特徴を、つかもうと思っていましたが、

ネイティブスピーカーに近い発音ですので、つかむことなど不可能です。

 

で、会って早々に

 

いきなり、年齢を聞かれました。

 

エ? って思いましたが、

 

ベトナムでは年上か年下かで呼び方が変わるので、

年齢を聞くのは、一般的なことだそうです。

 

これまで、以下のようなレッスンを行ってきました。

 

アルファベット(母音・子音)と6声の発音、

 単語や自己紹介、一人称・二人称の構造について、

自己紹介、 

職業、

否定の文章、

 

 

細かい文法の内容などは、詳しいブログがたくさんあるので、

ワタクシが個人的に思ったことだけをお話ししたいと思います。

 

駐在している人から聞いていたとおり、

 

ベトナム語の習得をあきらめる人が多い

 

ことの理解が出来ました。

 

英語が使える場所も意外とあり、

日本語を勉強している人もそれなりにいますし、

翻訳アイテムやアプリがあれば、なんとかなると思います。

 

とにかく複雑で、発音が難しい。

カタカナで覚えても、正しい発音でないと通じない。

 

ワタクシも、最初はYouTubeで覚えた単語を使って、

コミュニケーションを取ろうとしましたが、ほぼほぼ通じませんでした・・・

 

本当に発音が重要であることを痛感します。

 

例えば、以下のアルファベット。「エー」とは読みません。

 

A    Â    Ă           

 

カタカナで書くのは良くないですが、ブログのためとして、

アー アー↑ ウオー↑ みたいなイメージです。

 

加えて、発音記号もあります。

 

A    Á   À   Ả   Ã   Ạ      

 

 上がったり、下がったり、急に上げたり、伸ばしながら下がったり

もう訳の分からない世界ですww

 

自分では正しく発音しているつもりでも、

先生からは何度も訂正されてしまいます。

 

口の開き方、舌の位置で、発音が全然違ってきます。

 

改めて、日本語とは全く違うことを痛感します。

 

どこまで話せるようになるかは、未知の世界ですが、

せめて、当初の目的である、工場のワーカーと最低限の会話が出来るように

なるには、結構な時間が掛かりそうです。

 

とにかく、挫折すること無くレッスンに参加していきたいと思う、

今日この頃でした。

 

失礼します。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外サラリーマンへ
にほんブログ村