WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて

WANT TO と HAVE TO の間にいます

ベトナム勤務3年目 自己啓発、現地生活、趣味等を10日毎に発信します。

スキルを磨くとは

わかりにくいタイトルから、はじまりました。

さがみさがなかです。

 

コロナショックは、

確実に全世界へと広まろうとしている。

死者数も感染者数も増え続けている。

 

トランプ大統領は「私は戦時下の大統領」、

メルケル首相は「第2次大戦以来の最大の挑戦」

 

 

等と、国家危機体制に入り非常事態宣言を出す国が増えている。

 

感染予防策、特効薬が無い今、終わりの見えない非常事態が続くことになる。

 

LOCK DOWN (封鎖) が行われたら、生活必需品を除き経済活動もストップする。

 

ストップしてしまうと・・・

 

自分の勤めている会社(親会社、グループ会社)の製品は、

どちらかというと生活必需品とは異なる。

 

北米の自動車工場の操業がストップするということで、

北米に自動車関連の製造工場を持つ自分の会社は確実に影響を受ける。

社会人1年目だった、リーマンショックの時は、給与カットが行われた。

 

給与カットやボーナスの大幅減、もう確実に行われると思う。

 

大国の首脳達が、戦争級と言っているのだ。仕方がないことだ。

 

下手したら、自分だってリストラにあう可能性が

なきにしもあらずだ。

 

リストラは困る。

首を切られてしまえば、途端に厳しくなる。

 

何がなんでも、リストラされないように、

目先の仕事に専念しなければならない。

 

しかしながら、会社の仕事だけ行っていても、

身につくのはその会社で使えるスキルだけである。

 

11年半営業を、そして昨年12月からは管理の仕事を行っている。

まさに日本企業の特徴である、ゼネラリストである。

 

これからは、専門性を持つ、

エキスパートが主流になろうとしている。

 

終身雇用も年功序列も崩壊した今、ゼネラリストのままでは

 

万一リストラされて、他の会社へ面接を受けたとしても、

専門性が無いため、採用されない可能性がある。

 

よく「スキルを磨け」と、言われるが、

「でも、何のスキルを磨けばよいのだろうか?」

「いったい、何をしたらいいんだろうか?」

 

道が定まらない。

 

色々ネットやYouTube等で、

調べ、まとめた結果

 

今の自分が行うべきことは

以下となった。

 

1、本を読め (これは多かった)

、お金のことを学べ (税金、財務諸表など)

、テクノロジーを学べ (5Gとか、AIとか)

 

〇〇スキルを身に付けるとか、

具体的なことへ進む前に、

 

ビジネスパーソンとして最低限必要な

知識を持つことが大事なのかなと思ったからである。

 

このようなアクションで、目の前がどの位広がっていくのかは

未知であり、不安もあるが、楽しみでもある。 

 

2008年に社会人になってから、大して学習をしてこなかった自分が、

どのように変わっていけるのだろう。

 

記録として、定期的にブログを更新したいと思う。

 

 

 

さて、本を読むといっても、ベトナムではあまり買えないよな。

日本語の本は。英語の本を読めるほどの力は無い。

よし、この機会に電子書籍に挑戦してみよう。