WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて

WANT TO と HAVE TO の間にいます

ベトナム勤務3年目 自己啓発、現地生活、趣味等を10日毎に発信します。

【爽快感】高温多湿と、雨の日のライダーは

ベトナムは夏になりました。

 

セミの鳴き声があちらこちらからも、

聴こえてきます。

 

高い日の気温は39度、日本なら熊谷、館林、多治見辺りが暑いとニュースになります。その辺りに近い気温です。

 

ただし、こちらは高温多湿のため、湿度が60%、高い日は80%を超えます。

この湿度は、身体にまとわりつくような感じで、マスク着用も相まって息苦しささえ感じます。

 

そして、朝方や夜遅くに降る強い雨

日本とは違う場所にいる事を感じます。

 

本日は、夕立の後も、

断続的に雨が降り続いています。

 

先程、雷雨が始まったので、稲妻撮影を狙って、ベランダへ出てみました。

 

f:id:SagamiSaganaka:20200523010242j:image

f:id:SagamiSaganaka:20200523010503j:image

一瞬で周りが明るくなる。

 

恐ろしくも、神秘的にさえ感じる光景です。

 

残念ながら、稲妻の撮影は出来ませんでした。

 

 

で、本日の帰り道の車で、

激しい夕立に遭遇しました。

時間は18時半位で、ちょうど帰宅時間帯。

 

歩行者全てがライダーになって、

バイクに乗っているような感じとも言えるくらいの、

相変わらずのバイク混みです。

 

写真はありませんが、

暑い夏、みな涼しげな格好でバイクに乗っています。

 

ちょうど雷が鳴り、雨が降ってきました。

 

こういう時、

ベトナムのライダーたちはどのように対応するのか

と思いながら、車の中から見ていると、

 

スピードを上げて急ぐライダー

止まってレインコートを着るライダー

雨宿りをするライダー

 

みなそれぞれでした。

 

一つ言えることは、

バイクの収納スペースに、レインコートを常備していること。

 

そのデザインも多彩です。

バイクまで覆う、大型のものから、ポリ袋で作ったと思われる、廉価なものまで。

 

横なぐりの雨に、巨大な水たまり、

悪条件の中でも、スムーズにバイクを運転していました。

50ccは免許不要で、

高校生からバイクに乗る彼ら、

さすがです。

 

激しい雨でも、おなじみの、

すり抜け、逆走、歩道ショートカット、

信号無視も見られました。

 

しかし、下水があふれていることも考えられる水溜りに、停車でやむを得ないけど、サンダルで足を着けるのは、ちょっとキツいですねぇ。。。

 

 

さて、連日の蒸し暑い夏に

疲れ気味のワタクシ、

 

ライダーと同じように、

雨をかぶりたくなってきました。

 

少々頭がおかしくなったか、

会社の車を降りた後は、

降り続く雨の中、傘をささずに、10分程家の周りを歩きました。

 

気温が高いので、寒いことはなく、

ひんやりした雨と、生ぬるい風が

とても気持ちよく、

爽快感すら感じました。

 

夏限定だけど、

敢えて雨の中をランニングするのも

良いかも。

 

と思ってしまうほど、なんかスッキリとした水曜日夜でした。

 

それでは、失礼しまーす。