WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて

WANT TO と HAVE TO の間にいます

ベトナム勤務3年目 自己啓発、現地生活、趣味等を10日毎に発信します。

【突然現れた夢の実現に向けて】1年間を細かく見てみたら

新年あけましておめでとうございます。

これが、2021年初ブログです。

家族が来て、おせち料理が食べられると思いきや、喪中ということで、

残念ながら無し。お雑煮も無し。

3年間不在となっている日本の正月が懐かしい、今日この頃です。

あ、本年も宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

昨年の秋ごろから、

 

 

ベトナムの税制を調べたりするのに、いろいろ本を読みました。

そこには、起業のプロセスも書かれており、

 

 

 

 

税制を理解しようとしたつもりが、

 

いつかベトナムで、自分のビジネスをやってみたい。

 

 

そんなことを思うようになりましたww

 

 

 

 

 

なぜでしょうかね、

 

 

 

思うに

 

 

 

会社立ち上げ、工場稼働というミッションでこちらにやってきて、2年以上が経過、

ぼんやりながらも、ベトナムでのビジネスがどういうものかを見ることが出来たこと、

 

 

 

そして、

 

 

 

+COVID-19の影響下でも、GDPはプラス成長を維持、

+若者も多く、旺盛な消費、新しいビジネスがたくさん生まれていること、

+豊かになろうと副業を当たり前にしている会社のスタッフ達、

+昨年の社会隔離(ロックダウンに近い) で苦しい中でも助け合いながらも、明るく過ごしていた人達、

 

 

 

まだまだ伸びていくと思われるベトナム

 

それを間近で見ていますと、何か自分でもやってみたい。

 

 

そんな気にさせられたのです。

 

 

 

ちなみに、共同通信グループのNNAアジアが調査したところ、

ベトナムは7年連続で1位だそうです。

 

Image

 

 

 

 

もちろん、本職の方は続けます。

 

辞めません。

 

 

工場は稼働しても、黒字化させなければ、意味がありませんし、

これからも最優先のタスクです。

 

 

さて、

 

 

 

果てしなく大きな夢を持ってしまった今、

それを実現するには何をするべきか?

 

 

 

そんなことを考えました。

 

 

 

+これといった特技や夢中になれるものは無い、

+会社勤め以外何も知らない、

+大した努力、勉強もしてこなかった、(絶賛、苦労中・・・(;^_^ )

SNSとか苦手、

+仕事もあるし、家庭もあるし、時間も取れない、

 

 

 

こんな自分自身に一体何が出来るのか?

 

 

 

とりあえず、書き出してみます。

 

 

 

 

+自分自身に何が出来るのかを考える

+情報収集、マーケティング

ベトナム語を着実に身に付ける

Facebookを再び始める

+仲間を見つける

 

 

 

こんなところでしょうか。

 

 

 

これら実行するため、

どれだけ考えたり、行動する時間を確保出来るかです。

 

 

 

10,000時間位時間を掛けて、じっくりと進めていきたいですが、

 

1万時間の法則とは、ある分野のエキスパートになるには1万時間の練習・努力・勉強が必要だという理論です。

1万時間の努力がなければ一流にはなれないとする理論です。イギリス出身の元新聞記者・マルコム・グラッドウェル氏が広めて一躍有名になりました。

著書の中では「1万時間とは、偉大さを示すマジックナンバーなのだ」と提唱されています。偉大な成功者にも1万時間の下積みがあったと理論付けています。

news.mynavi.jp

 

 

あいにく、そんな時間はありません。

 

 

 

1年間=52週=365日=8,760時間=525,600分

 

さすがに分では数えられませんので、時間で考えてみます。

 

起業に向けた行動を、1日1時間取れたとしても、1年にして365時間。

これでは、全然追い付かないでしょう。

 

そもそも、後どれだけ、ベトナムにいられるか、わかりません。

 

 

まず今回のブログは、

 

現状の把握と、やるべき事の書き出しです。

 

 

 

2022年も既に1週間が過ぎました、

これが2週間、1ヶ月、2ヶ月と時間が経つと、その新鮮な気持ちも

薄れてしまうかもしれません。

そうならないよう、とにかく動きます。

 

 

 

 

【突然現れた夢の実現に向けて】

右も左も分からない中、出発しました。

定期的に、このテーマ、記事にしていきます。