WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて

WANT TO と HAVE TO の間にいます

ベトナム駐在中 少々ニッチな話多めです

【いったい、どうなっていくのだろうか?】 コロナウイルス第4波の影響

もう少しで、ベトナムにやって来て1年8ヶ月。

with コロナ で長いような短いような、なんともいえない時を過ごしています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

4月27日に発生したコロナウイルス第4波は、未だに収まる気配がありません。

 

当初はベトナム北部から始まり、

途中ベトナムで新種のウイルスが見つかったと世界でニュースとなり、

今現在は南部で感染者が急増中。

 

今や、一日7,000人以上の新規感染者が発生、日本と変わらないか

それよりも悪い状況に陥っています。

 

ベトナム政府は厳しい対策を取っており、

 

感染者は専門病院にて入院または専用の隔離施設へ、

濃厚接触者は、こちらも専用の隔離施設へ送り込まれ、

間接的な接触者は、自宅で2週間の隔離が必要です。

 

虚偽の申告や隔離施設から出たりした場合は、刑事罰が適用されます。

 

 

昨年には、感染して隔離施設で過ごしていた、ベトナム航空の男性CAが、

外に出て友達に会ったりして、感染が拡大。

 

危険な感染症を他人に感染させた という罪が適用され、懲役刑となっています。

 

 

 

甘く見てはいけないのです。

 

 

加えて生活の方はというと、段階的に厳しくなっています。

 

①集団で集まることの禁止、

②カラオケやバー等の不要不急のお店の休業、

③ゴルフ場等の屋外スポーツ施設や公園が閉鎖、

④飲食店はデリバリーや持ち帰りのみ、理髪店の営業も休止、

⑤公共交通機関の停止、飲食店も休業、食材や生活雑貨、医薬品の販売のみ、

⑥不要不急の外出の制限、買い物はチケット制、

⓻夜間の外出禁止

 

ホーチミン市では、⑥、⓻が適用中。

ハノイ市や、ホーチミン市の周辺では、⑤までが適用。

 

ホーチミン市にはたくさんの日本人が住んでおり、

相当生活に苦労されているようです。

 

そして、共産国の特徴といいますか、

法律がすぐに施行され、明日朝6:00から開始、みたいに

急に変わるので、情報収集は欠かせません。

 

そして、もう暫く外食もしていません。外で飲むこともありません。

日系の美容室にも全然行けず、250円や300円の勤務先近くの理髪店でカットする日々、

 

 

ちなみに、あちこちで公安が頻繁にチェックしており、何も知らずに外出、散歩していたら、呼び止められ、高額な罰金を支払うことになります。

 

 

昨年の4月も同じような措置、そして海外からの入国に制限を行い、

かなりの効果がありました。

世界で数少ないコロナウイルス対策の優等生となりました。

 

しかしながら、ロックダウンのような、隔離措置を行っても、今回の

第4波は全く収まりません。

 

ロックダウンに慣れてしまったこと、

どのような病気なのか分かってきたこと、

ワクチンの接種が始まっていること、

海外からの入国が増えたこと、

 

色々な原因があると思います。

 

とにかく、

 

サービス業や路上販売を行っている人たちが多数、失職し、大変な苦労をしていることを考えますと、一刻も早く、規制を緩和して、もっと経済を回して欲しいものです。

 

一方、

 

ワタクシの勤務先のような工場の場合、

 

「工場ごと隔離」という

 

多くの省で行われている措置もあります。

 

 

全従業員のPCR検査を実施、陰性であれば

 

生産現場と集団宿泊施設の往復、あるいは生産現場にて寝泊まりをすることで、

移動を制限し、感染者を増やさないというやり方です。

 

数千人、1万人規模の従業員を抱える工場では、集団宿泊施設の確保は難しく、

操業を一時停止する会社も増えています。

 

その場合、工場に寝泊まりとなります。

現在、このようなテントがたくさん売れています。

このテントも決して安くなく、多くの会社で、床にゴザ等を敷いて、そのまま寝ています。

 

f:id:SagamiSaganaka:20210730010312p:plain

(ネットより拝借)

 

また、シャワーを設置している会社もあまり多くないため、

トイレを改造して簡易シャワーを付けたりしているようです。

 

 

さて、最近のワタクシはといいますと、

 

勤務先の省とハノイ市間の移動で、「3日毎のコロナウイルステストが必要」

ということで、近くの病院で、簡易テストを行いました。

鼻が痛い(><)

 

しかし、

 

その3日後の先週の土曜日、

 

ハノイ市が

各省への行き来にも制限を掛けることが発表。

期間はなんと15日間・・・

 

慌てて、勤務先の省近くのホテルを予約、2週間分のホテル生活の準備です。

 

その一方、1年半ぶりに会う家族の入国 が来月初旬で決まっており、

 

暫くハノイ市に戻れないことから、家族の集中隔離生活用の必需品の購入も

行いました。

 

f:id:SagamiSaganaka:20210730011012p:plain

(久しぶりの紙おむつ購入です、家族の大好きな納豆も購入しました)

 

 

 

翌日曜日に移動、一度ハノイ市を出てしまうと、14日間戻れないそうです(涙)

 

Image

(高速道路料金所での検問の様子、至る所に交通警察官が配置されています)

 

週明け月曜日に出勤しようとしたら、入れなくなり、

止む無く自宅勤務へ切り替えた人も結構いたようで、

判断は正解でした。

 

運が良かったようです。

 

 

さて、

 

感染者の減る兆しが見えない先行き不安、

目まぐるしく変わる法律、

万一感染者が出たら、工場は強制的に操業停止させられるという恐怖、

そして、自分が感染したら、邦人には相当厳しい環境(衛生面、クーラー無し、大部屋等)という野戦病院(隔離施設)、

いつ工場で寝泊まりをしないといけないのか、

緊急帰国しようとしている人の増加、

これから来ようとしている家族、

 

 

考えれば考えるほど、

 

【いったい、どうなっていくのだろうか?】

 

溜息しか出ません。

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外サラリーマンへ
にほんブログ村