WANT TO と HAVE TO の間にはさまれて

WANT TO と HAVE TO の間にいます

ベトナム勤務3年目 自己啓発、現地生活、趣味等を10日毎に発信します。

【ショック】 愛車にダメージが

さがみさがなかです。

 

仕事が繁忙期に入り、

日曜日はダラダラしてしまうことが増えてきました。

 

充実した日々にしたいと思っても、高温多湿に、取れない疲れ、脱力感、

一人で暮らしていると、際限なくだらけてしまうことが判りました。

 

そんな中ですが、終日ひきこもることが無いように、夕方は自転車に乗って

片道7km弱のイオンモールへ買い物に行っていました。

 

本日も同じように、夕方の買い物へ行こうと

1週間ぶりに対面した愛車を見て、

 

f:id:SagamiSaganaka:20200722003706j:image

 

・・・・

 

ミラーが無くなっている?!

 

盗られた!?

 

よく見るとハンドルも曲がっている。

 

最後に乗ったのは、ちょうど1週間前の日曜日夜、買い物から戻った後、

停める場所が無くて、無理矢理、狭いスペースに停めたのでした。

 

隣は見慣れない、汚い電動スクーター

 

警備員もいるから、安心だと思っていたら

まさかの、パーツ行方不明に、ハンドルは曲がってしまう

というアクシデント。

 

恐らく、誰かが倒して、ミラーも外れて、

ハンドルも曲がってしまったのかと思われます。

 

ミラーはどこかにいってしまい、清掃員にゴミとして捨てられたのか。

あるいは盗ったのか。

 

ハンドルは、工具を使って元通りに出来るけど、

1,000円で購入、日本から取り寄せた

キャットアイのミラー、重宝していたのでショックです。。。

 

ベトナムで、自転車はともかく、ミラーの付いていないバイクが多いです。

付いていても、片側だけというのがほとんどです。

(大きいバイクは付いていることが多い)

 

ライダー(ドライバーもそうですが) はクラクションを鳴らして、

自分の存在を伝えながら走るのが多いこと、

さらにライダーは、排気音や感覚で、他車が接近していることを感じながら走り回っています。

 

自転車は、バイクほどスピードが出ないし、抜かされるのみ。

後ろからクラクションを鳴らされて抜かされるのですが、

後ろから接近していることが事前に分かれば、

右によって道を譲ることも出来るし、何より心の準備も出来る。

 

事故防止という意味でも、ミラーはとても大事なのでした。

 

それが、まさか3ヶ月少々で無くなってしまうとは。

 

なんとも残念なことです。

 

さて、今度はどんなミラーを買おうか、、無駄な出費になるなぁ、、、

 

と悩んだ日曜日なのでした。

 

では、失礼します!

 

 にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村</